Loading

Trivia

結婚の豆知識

結納の意義

結納はただの形式的な手続きではなくて、この手続きによって婚約を確定するという意義がある。位置的には、「口頭の婚約」と「結婚式」の中間に当たる。
婚約破棄をした場合に払う金(慰謝料・違約金)も、結納以前と結納以後では異なる。その差額はおおむね結納の額である。つまり、結納を交わすことで、その分の額が上乗せされる。

結納の損得

結納の負担は、女性よりも男性の方が圧倒的に大きい。額も二倍ぐらいになり、順序も同時ではなく男性が先である。男性が結納金を払った直後の時点では、男性が婚約破棄をすれば全額を失うが、女性が婚約破棄をしても(まだ結納金を払っていないので)結納金の損失はない。このように男性の側ばかりに負担が大きいのは、男性に大きな責任が求められているからである。
最近では仲人を立てずに、両家のみで行う略式結納がほとんどである。