結納品

結納品として用いられる物も地域によって多種多様である。結納品にはそれぞれめでたい意味づけがなされている。結納品は水引で豪華に飾られ、一式で数万円から数十万円がかけられる。おおまかに関東と関西でその内容が異なる。結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされる。これは陰陽五行説(陰陽道)により奇数は陽数とよび縁起の良い数、偶数は陰数とよび縁起の悪い数とされたことによる。偶数は2で割れることから「別れる」ことに通じるため避けられるというのは俗説で、最近ではさらに偶数でも2だけはペアだから良いとか、本来の意味が失われつつある。

関東
関東では、新郎・新婦とも同格程度の結納品を用意し、互いに「取り交わす」ものとされる。 結納品は一式ずつ一つの片木台(白木の台)に乗せられる。新婦側では、頂いた結納金の半額を結納金とする。結納品自体は関西よりもシンプルな物である。家族書・親族書などが付されることもある。下記は結納品の一例。
・長熨斗(ながのし):のしアワビ。長寿をイメージし、おめでたい贈り物の象徴である。
・目録(もくろく):結納品の品名と数量を記載。関東では長熨斗と目録は贈り物と数えない。
・金包包(きんぽうづつみ):結納金をいれる。新郎側の結納金は「御帯料」、新婦側からの結納金は「御袴料」とも。
・勝男節(武士)(かつおぶし):鰹節。男性の力強さをイメージ
・寿留女(するめ):スルメ。末永く幸せを願うため
・子生婦(こんぶ):昆布。子孫繁栄を表す
・友白髪(ともしらが):白い麻繊維。白髪になるまで夫婦仲良く
・末広(すえひろ):本来は男持ちの白扇と女持ちの金銀扇子の一対。省略されて白い扇子一本の場合も。末広がりの繁栄を願うため
・家内喜多留(やなぎだる):酒樽。家庭円満をイメージ

関西
関西では、結納品は新郎側から新婦側へ「納める」ものとされる。新郎側は、結納金の1割程度にあたる価格の結納品を用意する。結納品は一品ずつ白木の台に乗せられる。新婦側は新郎側へ、結納金の1割程度の額の金品を結納返しとして贈る。結納品は関東よりも豪華な物となる。家族書・親族書などが付されることもある。下記は結納品の一例。
・熨斗(のし):関東の「長熨斗」と同じ。一般的に「鶴の水引飾り」と、熨斗押えの「打ち出の小槌」が添えられる。
・末広(すえひろ) 関東の末広と同じ。 一般的に「亀の水引飾り」が添えられる。「寿恵廣」とも。
・小袖料(こそでりょう):結納金を入れる(京都では「帯地料」、神戸では「宝金」という)。一般的に「松の水引飾り」添えられる。
・結美和(ゆびわ):婚約指輪。
・高砂(たかさご):尉(じょう。老翁。)と姥(うば。老婆。)の人形。年老いるまで仲睦まじくという意味。
・寿留女(するめ):関東と同じ意味。
・子生婦(こんぶ):関東と同じ意味。
・松魚(料)(まつうおりょう):関東の「勝男武士」と同じ意味であるが、鰹節ではなく、金子包みに代わる。酒肴料。一般的に「竹の水引飾り」添えられる。
・柳樽(料)(やなぎだるりょう):関東の「家内喜多留」と同じ意味であるが、酒樽ではなく、金子包みに代わる。酒肴料。一般的に「梅の水引飾り」添えられる。


まずはお気軽にお問い合わせください。

ピーアールディ

〒441-8077
愛知県豊橋市神野新田町ロノ割182
営業時間/10:00〜18:00 定休日/不定休
※完全予約制となっております。
 TEL又は来店フォームよりお申込み下さい。